クラウド上のフォルダにパスワードをかける簡単な方法 | 7-Zip

7-Zip

Windows内であれば、共有フォルダを作成し、共有フォルダにアクセス可能なユーザーとパスワードを設定することで、簡易的にアクセス制限をかけることが可能ですが、GoogleDriveやOneDrive内だとそうはいきません。もちろん、権限設定をしっかり行えば、フォルダにパスワードが必要なケースは少ないかもしれませんが、そうもいかないケースもあったり、、、(T ^ T)。と言うわけで、何となく抵抗もありますが、定番な方法として、「 7-Zip 」を使ってフォルダを圧縮してパスワードを設定し、その中にファイルを保存していきます。

便利な圧縮ソフト「 7-Zip 」

今回は「 7-Zip 」というフリーソフトを使います。他にも使いやすいソフトはたくさんありますが、

  • 対応しているソフトが少ない「 7z形式 」が使える(今回の目的には適している)
  • 圧縮フォルダにファイルが追加しやすい

という特徴からこちらを選びました。

インストールと使い方

インストール

  1. https://sevenzip.osdn.jp/ にアクセスする。
  2. 32ビット、64ビット、適切な方の「 ダウンロード 」をクリックする。
  3. ダウンロードしたファイルを実行し、インストールする。

使い方

  1. パスワードを設定したいフォルダを右クリック。
  2. 「 7-Zip 」 → 「 圧縮 」 をクリック。
  3. 右下の「 ファイル名を暗号化 」にチェックを入れ、「 パスワード入力 」の欄に任意のパスワードを入力する。
  4. 最後に「 OK 」をクリック。

開く

  1. 該当の圧縮ファイルを右クリック。
  2. 「 7-Zip 」 → 「 開く 」 をクリック。
  3. 設定したパスワードを入力して「 OK 」をクリック。

追加する

「 7-Zip 」の表示エリアにドラッグ&ドロップする。(直接WordやExcelファイルを画面内で作成することは出来ません。)

変更を保存する

「 ‘<更新したファイル名>‘ファイルが更新されました。書庫を更新しますか? 」と表示されるので、「 OK 」をクリック。

有名なソフトなので他のサイトでも多数紹介されていますが、参考にして頂ければ幸いです。

一連の流れを動画にしましたので良ければこちらもどうぞ(^_^)。

応援よろしくお願いします。
いいね ! してもらえると嬉しいです。

Twitter で

自己紹介

松田 大 と申しますm(_ _)m
インディーズでミュージシャンをやっていたのですがいつのまにか...

とある企業でショップのアルバイトスタッフから正社員、支店長を経てシステム部門に異動するという、開発担当としては変わった経緯を持っている方だと思います。

一昨年の3月に結婚し、尻敷かれ男子の仲間入りを果たしました(笑)

現在勤めているJTクラウドシステムでは、「 WordPress 」を活用したWEBサイト、業務用WEBアプリケーション開発「 Excel VBA 」を活用した効率化ツールの開発を中心に「 ネットワーク・サーバー構築 」や「 Office365製品の導入支援 」、最近は、ホームページ制作に加え、記事の執筆代行や掲載に必要な情報のリサーチ、映像のテロップ入れや切りはりなどの簡単な動画編集なども、まとめて行なっています。

お問い合わせはJTクラウドシステムホームページからお願いします。
スポンサーリンク