BackWPup で Dropbox API: (400) が出た時の対処法

BackWPup

WordPressのバックアップで使用している「 BackWPup 」で「 Dropbox API: (400) Bad input parameter 」というエラーメッセージが出たため、そのときの対処法をメモ…_φ(・_・。大した内容では無いのですが、参考までに。

エラー内容

エラーが発生した際、メールが送信されるよう設定していました。でメールに記載されていたエラー内容はこんな感じ。

Dropbox API: (400) Bad input parameter: Error in call to API function "users/get_current_account": This app is currently disabled.

メールでは、何回かトライしてダメだというような内容でした。

Dropbox 側のAPI仕様変更でしょうか…

実際にやったこと

BackWPup のバージョンアップ

とりあえず、最新版で対応されているのではと思い、バージョンアップを実行。

BackWPup

「 プラグイン 」→「 インストール済みプラグイン 」から「 BackWPup 」の更新のリンクをクリック。

バージョンアップ後、再実行しましたが解消されませんでした。

Dropbox の認証を削除 → 再度認証を実施

どうやって原因を特定しようとあれこれ考えながら、とりあえず、認証を削除して、再度認証作業を実施。

BackWPup

認証完了後、再度バックアップを実行したところ、正常に実行できました。

WordPress公式にも情報がありました

この件に関して、同じような質問がアップされていました。

https://wordpress.org/support/topic/dropbox-api-400-bad-input-parameter/

プラグインの作者からも、情報が発信されていました。

https://wordpress.org/support/topic/important-update-your-dropbox-authentification-after-release-3-6-9-2/

翻訳すると、「 5月10日までに、BackWPup設定でプラグインを更新してDropboxアカウントを再度認証してください。そうでなければ、BackWPupからDropboxへの接続は5月10日以降は機能しなくなります。 」というような内容でした。

もうちょっと、まめに情報収集をしないとだめだなぁと、あらためて実感しました。

応援よろしくお願いします。
いいね ! してもらえると嬉しいです。

Twitter で

自己紹介

松田 大 と申しますm(_ _)m
インディーズでミュージシャンをやっていたのですがいつのまにか...

とある企業でショップのアルバイトスタッフから正社員、支店長を経てシステム部門に異動するという、開発担当としては変わった経緯を持っている方だと思います。

「Excel VBA」からスタートして、Yamaha RTX シリーズで VPN環境構築、Hyper-V環境構築、Windowsアプリ開発などを経験した後、「 WordPress 」に出会い、どっぷりハマっています(^_^)。

現在勤めているJTクラウドシステムでは、「 WordPress 」を活用したWEBサイト、業務用WEBアプリケーション開発を中心に、記事の執筆代行や掲載に必要な情報のリサーチ、映像のテロップ入れや切りはりなどの簡単な動画編集なども、まとめて行なっています。

昨年7月、代表取締役に選任され、8月に第一子が誕生、公私ともに慌ただしくしています(笑)

お問い合わせはJTクラウドシステムホームページからお願いします。