ブラウザの履歴削除方法まとめ(Windows/Mac)

主要なブラウザの履歴削除方法について、お問い合わせを頂いたので、いくつか比較しつつまとめてみました。

Internet Explorer 11 (Windows)

「ツール」→「インターネットオプション」をクリックします。

Internet Explorer 11 (Windows)

「全般」タブの「閲覧の履歴」の「削除」をクリックします。

Internet Explorer 11 (Windows)

必要な項目にチェックを入れて「削除」をクリックします。

Internet Explorer 11 (Windows)

Microsoft Edge (Windows)

「詳細」→「設定」をクリックします。

Microsoft Edge (Windows)

「閲覧データのクリア」の下の「クリアするデータの選択」をクリックします。

Microsoft Edge (Windows)

必要な項目にチェックを入れて「クリア」をクリックします。

Microsoft Edge (Windows)

Safari (Mac)

ツールバーの「履歴」から「履歴の消去…」をクリックします。

Safari (Mac)

「消去の対象」を選択して、「履歴を消去」をクリックします。

Safari (Mac)

Safari (Mac)

Google Chrome

右上のボタンをクリックし、「履歴」をクリックします。

Google Chrome

Google Chrome

「閲覧履歴データの消去」をクリックします。

Google Chrome

「次の期間のアイテムを消去」の項目を必要に応じて選択、その他必要な項目にチェックを入れて「閲覧履歴データを消去する」をクリックします。

Google Chrome

Mozilla Firefox

右上のボタンをクリックし、「履歴」をクリックします。

Mozilla Firefox

「最近の履歴を消去…」をクリックします。

Mozilla Firefox

「消去する履歴の期間」の項目を必要に応じて選択、その他必要な項目にチェックを入れて「今すぐ消去」をクリックします。

Mozilla Firefox

並べてみるとそれぞれ特色があり、うまく使い分けたいところです。

応援よろしくお願いします。
いいね ! してもらえると嬉しいです。

Twitter で

自己紹介

松田 大 と申しますm(_ _)m
インディーズでミュージシャンをやっていたのですがいつのまにか...

とある企業でショップのアルバイトスタッフから正社員、支店長を経てシステム部門に異動するという、開発担当としては変わった経緯を持っている方だと思います。

一昨年の3月に結婚し、尻敷かれ男子の仲間入りを果たしました(笑)

現在勤めているJTクラウドシステムでは、「 WordPress 」を活用したWEBサイト、業務用WEBアプリケーション開発「 Excel VBA 」を活用した効率化ツールの開発を中心に「 ネットワーク・サーバー構築 」や「 Office365製品の導入支援 」、最近は、ホームページ制作に加え、記事の執筆代行や掲載に必要な情報のリサーチ、映像のテロップ入れや切りはりなどの簡単な動画編集なども、まとめて行なっています。

お問い合わせはJTクラウドシステムホームページからお願いします。
スポンサーリンク