Windows共有フォルダに「.DS_Store」を作成しない方法

Macでは見えないですが、Windowsから見るとなんだかよく分からない「.DS_Store」ファイル。Windows共有フォルダ、ファイルサーバーなど、MacとWindows間でやりとりする際、Windowsユーザーからは意味不明のファイルが生成されている状態だと思います。何か対処方法が無いかと調べたところ、「Apple サポート」に情報がありました!

https://support.apple.com/ja-jp/HT1629

そもそも「.DS_Store」とは何か?

.DS_Store

MacOSが各ディレクトリに自動的に生成するファイルで、ファイルやフォルダを開いた際の位置や大きさや、背景色、カスタムアイコンなどの情報を記憶しているメタデータファイルです。ディレクトリの操作(フォルダやファイルを移動や開閉など)を行った際に自動的に生成、または更新されるファイルで、Mac上では不可視ファイルですが、Windows上では表示されます。

「.DS_Store」ファイルの作成を抑制する

ターミナルを起動し以下のコマンドを入力します。

defaults write com.apple.desktopservices DSDontWriteNetworkStores true

.DS_Store

入力して「return」キーを押すと特に何も表示されず完了します。

.DS_Store

再起動するか、一度ログアウトしてからログインし直して完了です。

設定を戻す場合は以下のコマンドです。

defaults write com.apple.desktopservices DSDontWriteNetworkStores false

過去に生成されたものが削除されるわけでは無いので、その点は注意が必要です。

Windowsだと「Thumbs.db」?

こちらはWindows版の「.DS_Store」と言ったイメージでしょうか。役割はちょっと違いますが、Macユーザーから見たら同じですね…。「Thumbs.db」はフォルダ内の縮小画像のキャッシュです。
「ファイル名を指定して実行」から「gpedit.msc」と入力し、「グループポリシー」の「ユーザーの構成」→「管理用テンプレート」→「Windowsコンポーネント」→「エクスプローラ」にある「縮小画像のキャッシュをオフにする」をダブルクリックし、「有効」にすると作成されないようになります。参考までに。

gpedit.msc

iPhoneなどの普及で認知度が向上した影響か、以前と比べて、WindowsとMacが社内ネットワークで共存している環境も多いと思います。Windows管理者の方がこれから社内にMacを導入するという時に、ちょっと参考にして頂けると幸いです。

応援よろしくお願いします。
いいね ! してもらえると嬉しいです。

Twitter で

自己紹介

松田 大 と申しますm(_ _)m
インディーズでミュージシャンをやっていたのですがいつのまにか...

とある企業でショップのアルバイトスタッフから正社員、支店長を経てシステム部門に異動するという、開発担当としては変わった経緯を持っている方だと思います。

一昨年の3月に結婚し、尻敷かれ男子の仲間入りを果たしました(笑)

現在勤めているJTクラウドシステムでは、「 WordPress 」を活用したWEBサイト、業務用WEBアプリケーション開発「 Excel VBA 」を活用した効率化ツールの開発を中心に「 ネットワーク・サーバー構築 」や「 Office365製品の導入支援 」、最近は、ホームページ制作に加え、記事の執筆代行や掲載に必要な情報のリサーチ、映像のテロップ入れや切りはりなどの簡単な動画編集なども、まとめて行なっています。

お問い合わせはJTクラウドシステムホームページからお願いします。
スポンサーリンク