Facebookの[Page Plugin]の設置方法

いまや、全世界で数億ものユーザーがいるSNS(ソーシャルネットワークサービス)、
Facebook(フェイスブック)。
企業のホームページとかにも埋め込まれているのをよく見かけます。
今回はFacebookの[Page Plugin]の使い方と、コードの設置方法を紹介します。

[Page Plugin]とは?

フェイスブックページをプロモーションするパーツを簡単に埋め込むことができるツールです。
簡単なので早速作って行きましょう( ̄▽ ̄)

Facebook[Page Plugin]
facebook-20150911_1

コードの生成

「Facebook Page URL」部分にFacebookページのURLを入力して「Get Code」ボタンを押せばコードを取得できます。
facebook-20150911_2

設定項目については、以下のようになっています。

設定項目 説明
Facebook Page URL FacebookページのURL
Width ページプラグインの幅
Height ページプラグインの高さ
Use Small Header チェックを入れると上の部分の高さが狭くなります。
Adapt to plugin container width チェックを入れると自動で幅を変更してくれます。
Hide Cover Photo チェックを入れるとカバー写真を表示させません。
Show Friend’s Faces チェックを入れるとこのページにいいねをしたことがある友達の写真が表示されます。
Show Page Posts チェックを入れるとタイムラインが表示されます。

発行されたコードの使い方

必要と思う事項にチェックを入れて「Get Code」をクリックするとコードがふたつ発行されます。

facebook-20150911_3

1のコードは、サイト内のタグ内で1度記載すればOKです。
2は表示させたい部分に貼り付けます。

WordPressのウィジェットに貼り付ける場合

facebook-20150910_4

WordPressのウィジェットに1ヶ所だけ表示させる場合は、
「テキスト」のウィジェットを選択し、
1と2のコードをそのまま貼り付ければOKです。

Facebookのライクボックスは2015年6月23日から利用できなくなったようです。
今さら気付きました…(-。-;

応援よろしくお願いします。
いいね ! してもらえると嬉しいです。

Twitter で

自己紹介

松田 大 と申しますm(_ _)m
インディーズでミュージシャンをやっていたのですがいつのまにか...

とある企業でショップのアルバイトスタッフから正社員、支店長を経てシステム部門に異動するという、開発担当としては変わった経緯を持っている方だと思います。

一昨年の3月に結婚し、尻敷かれ男子の仲間入りを果たしました(笑)

現在勤めているJTクラウドシステムでは、「 WordPress 」を活用したWEBサイト、業務用WEBアプリケーション開発「 Excel VBA 」を活用した効率化ツールの開発を中心に「 ネットワーク・サーバー構築 」や「 Office365製品の導入支援 」、最近は、ホームページ制作に加え、記事の執筆代行や掲載に必要な情報のリサーチ、映像のテロップ入れや切りはりなどの簡単な動画編集なども、まとめて行なっています。

お問い合わせはJTクラウドシステムホームページからお願いします。
スポンサーリンク