無償の「Hyper-V Server 2012R2」で レプリケーション する方法

先日ご紹介した「Hyper-V Server 2012R2にWindows10から接続する方法」の続き。無償の「Hyper-V Server 2012R2」でレプリケーション「Hyper-V レプリカ」の設定作業を、メモがてら参考程度にまとめたいと思います。尚、引き続きWORKGROUPの場合の設定です。

「Windows SDK」 のダウンロードとファイルのコピー

証明書の作成に「makecert.exe」を使います。スタンドアロンのSDKをダウンロード、インストールしてその中から「makecert.exe」をサーバーにコピーして使います。

https://developer.microsoft.com/ja-jp/windows/downloads/windows-10-sdk

インストールされたフォルダの中から「makecert.exe」を探します。今回、インストールした端末が前回に引き続き、「Windows 10 Pro(32bit)」だったので「C:\Program Files\Windows Kits\10\bin\x64」内にありました。Hyper-V Serverは64bitなのでx64の方をコピーします。

今回は各サーバーのC直下に「mps」というフォルダを作成し、そこにコピーしました。
前回、ファイアーウォールの設定を行っているので、インストールした端末から「\\<プライマリサーバー名>\c$\mps」、「\\<レプリカサーバー名>\c$\mps」でアクセスし、コピーしました。

証明書の作成とインポート

それぞれのサーバーで証明書を作成、出来上がったものをコピーし、それぞれのサーバーで取り込みます。

まずは、プライマリサーバーにRDP接続。以下のコマンドを実行します。

makecert -pe -n "CN=PrimaryTestRootCA" -ss root -sr LocalMachine -sky signature -r "PrimaryTestRootCA.cer"

makecert -pe -n "CN=<プライマリサーバー名>" -ss my -sr LocalMachine -sky exchange -eku 1.3.6.1.5.5.7.3.1,1.3.6.1.5.5.7.3.2 -in "PrimaryTestRootCA" -is root -ir LocalMachine -sp "Microsoft RSA SChannel Cryptographic Provider" -sy 12 PrimaryTestCert.cer

makecert1

次に、レプリカサーバーにRDP接続し、以下のコマンドを実行します。

makecert -pe -n "CN=ReplicaTestRootCA" -ss root -sr LocalMachine -sky signature -r "ReplicaTestRootCA.cer"

makecert -pe -n "CN=<レプリカサーバー名>" -ss my -sr LocalMachine -sky exchange -eku 1.3.6.1.5.5.7.3.1,1.3.6.1.5.5.7.3.2 -in "ReplicaTestRootCA" -is root -ir LocalMachine -sp "Microsoft RSA SChannel Cryptographic Provider" -sy 12 ReplicaTest.cer

makecert2

レプリカサーバーで生成された「ReplicaTestRootCA.cer」をプライマリサーバーにコピー。プライマリサーバーにRDP接続して、以下のコマンドを実行します。

certutil -addstore -f Root "ReplicaTestRootCA.cer"

プライマリサーバーで生成された「PrimaryTestRootCA.cer」をレプリカサーバーにコピー。レプリカサーバーにRDP接続して、以下のコマンドを実行します。

certutil -addstore -f Root "PrimaryTestRootCA.cer"

最後に、証明書の失効確認を無効にするため、両方のサーバーで以下のコマンドを実行します。

reg add "HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Virtualization\Replication" /v DisableCertRevocationCheck /d 1 /t REG_DWORD /f
各サーバーの設定

「Hyper-V マネージャー」を使い、各設定を行っていきます。

まず、「Hyper-V マネージャー」でレプリカサーバーを選択。右クリックして「Hyper-V の設定」から「レプリケーションの構成」を選択。「レプリカサーバー」としてこのコンピューターを有効にする」にチェックを入れます。今回は証明書を使うので、「証明書ベースの認証を使用する(HTTPS)」にチェックを入れ、作成した証明書を選択します。

プライマリーサーバーの仮想マシンを右クリックし、「レプリケーションを有効にする」を選択します。レプリカサーバーの名前を入力し、「次へ」をクリックします。

作成した証明書を選択して「次へ」をクリックします。

その他の設定も適宜設定行い、最後に「完了」をクリックします。

以上で、設定作業は完了です。

ドメイン環境の方が、手間はかかりませんが、導入する環境に「Active Directory」がない場合や、ドメインに参加させたくないケースも多いともいます。近々、「Hyper-V server 2016」がリリースされると思うので、またあれこれ仕様や設定方法が変わると思いますが、参考までに。

応援よろしくお願いします。
いいね ! してもらえると嬉しいです。

Twitter で

自己紹介

松田 大 と申しますm(_ _)m
インディーズでミュージシャンをやっていたのですがいつのまにか...

とある企業でショップのアルバイトスタッフから正社員、支店長を経てシステム部門に異動するという、開発担当としては変わった経緯を持っている方だと思います。

現在勤めているJTクラウドシステムでは、「 WordPress 」を活用したWEBサイト、業務用WEBアプリケーション開発「 Excel VBA 」を活用した効率化ツールの開発を中心に「 ネットワーク・サーバー構築 」や「 Office365製品の導入支援 」、最近は、ホームページ制作に加え、記事の執筆代行や掲載に必要な情報のリサーチ、映像のテロップ入れや切りはりなどの簡単な動画編集なども、まとめて行なっています。

今年7月、代表取締役に選任され、8月に第一子が誕生、公私ともに慌ただしくしています(笑)

お問い合わせはJTクラウドシステムホームページからお願いします。
スポンサーリンク