Windows Server 2012 R2 に仮想マシンを作成〜 Hyper-V 環境へ④

古い「Windows 2003 Server」を仮想化して新しいハードに移したいという依頼を頂いたのでその時の作業を何回かに分けてご紹介してきましたが、今回はラスト。「 Hyper-V 」に変換したVHDファイルを使って仮想マシンを作成します。

新しい仮想ネットワークスイッチの作成

まずは仮想ネットワークスイッチを作成します。
「Hyper-Vマネージャー」の「仮想スイッチマネージャー」をクリックします。

今回は単純にレガシーサーバーの移行なので「外部」を選択し、「仮想スイッチの作成」をクリックします。

適当に名前をつけて、「OK」または「適用」をクリックします。

警告が表示されますが、そのまま「はい」をクリックします。

仮想マシンを新規作成

「Hyper-Vマネージャー」の「新規」をクリックします。

hyperv1

「仮想マシン」をクリックします。

hyperv2

「次へ」をクリックします。

hyperv3

場所はパート2でこのように設定しています。

C:\Hyper-V\Virtual Hard Disks\
C:\Hyper-V\Machine\

こちらは、管理しやすさを重視して好みでいいと思います。
仮想マシンの名前を入力して「次へ」をクリックします。

hyperv4

「次へ」をクリックします。

hyperv5

メモリの割り当ては環境に応じて変更してください。入力後、「次へ」をクリックします。

hyperv6

先ほど追加した仮想スイッチを選択して、「次へ」をクリックします。

hyperv7

「既存の仮想ハードディスクを使用する」をチェックし、パート1パート3で変換したVHDファイルを選択して、「次へ」をクリックします。

hyperv8

確認して問題なければ「完了」をクリックします。

hyperv9

作成された仮想マシンを右クリックし、「起動」をクリックします。

hyperv10

起動したら仮想マシンを右クリックし、「接続」をクリックして「操作」から「統合サービス セットアップ ディスクの挿入」を選択しインストールします。

hyperv11

Windows 2003 Server のネットワーク設定とライセンス認証

起動すると、ライセンス認証を3日以内に行うように表示されました。

win2003a

Windows 2003 Server にVHD変換前のIPアドレスを設定し、ライセンス認証をインターネット経由で行います。

win2003b

ライセンスについてはこちらに分かりやすく解説されています。仮想インスタンスのライセンスを別途購入する必要は無いようです。

少し駆け足でしたが、以上で作業完了です!!
今回、パート1からパート4までの作業時間は、インストールや変換の時間も含めて4時間程度で完了しました。

Windows Server 2003 および Windows Server 2003 R2 の公式サポートは 2015 年 7 月 15 日に終了しています。もし移行や延命措置がまだのようでしたら簡単なので是非お試しください!

勿論!弊社の方でも対応可能です!お問い合わせはこちらからお気軽にご連絡ください。

応援よろしくお願いします。
いいね ! してもらえると嬉しいです。

Twitter で

自己紹介

松田 大 と申しますm(_ _)m

インディーズでミュージシャンをやっていたのですがいつのまにか...

とある企業でショップのアルバイトスタッフから正社員、支店長を経てシステム部門に異動するという、開発担当としては変わった経緯を持っている方だと思います。

一昨年の3月に結婚し、尻敷かれ男子の仲間入りを果たしました(笑)

現在勤めているJTクラウドシステムでは、「 Excel VBA 」を活用した効率化ツールの開発、「 WordPress 」を活用したWEBサイト、業務用WEBアプリケーション開発を中心に「 ネットワーク・サーバー構築 」や「 Office365製品の導入支援 」、最近は、ホームページ制作に加え、記事の執筆代行や掲載に必要な情報のリサーチ、テロップ入れや映像の切りはりなどの簡単な動画編集なども、まとめて行なっています。

お問い合わせはJTクラウドシステムホームページからお願いします。
スポンサーリンク