Hyper-V Server 2012R2 にWindows10から接続する方法

無償の「 Hyper-V Server 2012R2 」 に 「Windows 10 Pro(32bit)」から接続した際、いくつか設定が必要だったので、メモがてら参考程度にまとめたいと思います。尚、こちらはWORKGROUPの場合の設定です。

とりあえず名前解決

ネットワーク環境で名前解決が出来る場合、特に必要ありませんが名前解決出来ない場合は「Hyper-V Server 2012R2」 、 「Windows 10 Pro」 両方の「hosts」に必要な情報を追記します。
メモ帳を「管理者として実行」し、「ファイル」→「開く」で「c:¥windows¥system32¥drivers¥etc¥hosts」を開きます。

一番下の行に「IPアドレス」「PC名」の形式で追記していきます。

「Hyper-V 管理ツール」 の追加

「コントロールパネル」→「プログラムと機能」から「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックし、Hyper-V関連にチェックを入れて「OK」をクリックします。

hyper-v-manager

サーバー側設定

まずは接続用のユーザーを作成します。サーバーの「コマンドプロンプト」から以下のコマンドを入力します。

net user <ユーザー名> /add
net user <ユーザー名> *

ユーザーを「Administrators」と「Hyper-V Administrators」グループに追加し、パスワードを無期限にします。

net localgroup administrators <ユーザー名> /add
net localgroup "Hyper-V administrators" <ユーザー名> /add
wmic useraccount where "Name='<ユーザー名>'" set PasswordExpires=FALSE

サーバーを管理するPCを追加します。

winrm set winrm/config/client @{TrustedHosts="<PC名>"}

winrm

複数ある場合は

winrm set winrm/config/client @{TrustedHosts="<PC名1>,<PC名2>"}

のようにカンマで区切ります。

ファイアーウォールを設定します。後でレプリケーションも設定する予定なので、「Hyper-V レプリカ HTTPS リスナー」を追加していますが、レプリケーションしない場合は不要です。

netsh 
advfirewall 
firewall 
set rule group="リモート デスクトップ" new enable=yes 
set rule group="ファイルとプリンターの共有" new enable=yes 
set rule group="Windows リモート管理" new enable=yes 
set rule group="リモート イベントのログ管理" new enable=yes 
set rule group="リモート ボリューム管理" new enable=yes
set rule name="Hyper-V レプリカ HTTPS リスナー (TCP 受信)" new enable=yes
exit
管理するPC側の設定

認証のための設定を追加します。
「PowerShell」から以下のコマンドを実行します。

Set-Item WSMan:\localhost\client\trustedhosts -value * -Force

powershell

ワイルドカード「*」の部分はサーバー名でもOKです。

「コマンドプロンプト」からサーバーの資格情報を追加します。

cmdkey /add:<コンピューター名> /user:<ユーザー名> /pass:<パスワード>

「コンポーネント サービス」を起動して、「コンソールルート」→「コンポーネントサービス」→「コンピューター」→「マイコンピューター」を選択し、右クリックメニューから「プロパティ」を選びます。「COMセキュリティ」タブを選択し、「アクセス許可」の「制限の編集」をクリックします。

「グループ名またはユーザー名」から「ANONYMOUS LOGON」を選択し、「リモートアクセス」の「許可」にチェックを入れて「OK」をクリックします。

Hyper-V マネージャー の設定

サーバーの接続を設定する際、「別のユーザーとして接続する」にチェックは入れずに進めます。

近々、「Hyper-V server 2016」もリリースされると思うので、またあれこれ仕様や設定方法が変わると思いますが、参考までに。

応援よろしくお願いします。
いいね ! してもらえると嬉しいです。

Twitter で

自己紹介

インディーズでミュージシャンをやっていたのですがいつのまにか...

とある企業でショップのアルバイトスタッフから正社員、支店長を経てシステム部門に異動するという、開発担当としては変わった経緯を持っている方だと思います。

昨年の3月に結婚し、尻敷かれ男子の仲間入りを果たしました(笑)

現在勤めているJTクラウドシステムでは、「 Excel VBA 」を活用した効率化ツールの開発、「 WordPress 」を活用したWEBサイト、業務用WEBアプリケーション開発を中心に「 ネットワーク・サーバー構築 」や「 Office365製品の導入支援 」、最近は、ホームページ制作に加え、記事の執筆代行や掲載に必要な情報のリサーチ、テロップ入れや映像の切りはりなどの簡単な動画編集なども、まとめて行なっています。

お問い合わせはJTクラウドシステムホームページからお願いします。
スポンサーリンク