iMovie の手ぶれ補正方法〜時間には要注意?

ちょっとしたことを撮影するのに、「 iPhone 」で撮影すると手軽でいいのですが、どんなに頑張っても手ぶれが酷い!どうにかならないかなぁと思い、「 iMovie 」の手ぶれ補正を試してみました!

手順

まずは、補正したいクリップをクリックして選択します。

クリップをクリック

次に、プレビュー画面のビデオカメラみたいなマークをクリックします。

プレビュー

「ビデオの手ぶれを補正」にチェックを入れます。

ビデオの手ぶれを補正

この時、プレビュー画像の左下に「ドミナントモーションを解析中…」と表示されます。

ドミナントモーションを解析中...

解析中の表示が消えると、つまみで補正の強さを指定できます。

補正の強さを指定

感想

今回、補正したいクリップが7分弱の長さだったのですが、数時間かかりました。解析中のあいだ、ブラウザやOfficeソフトを使ったりしていたのもありますし、環境が「Macbook Air」の「Core i5」、「4GB」とスペックが低いせいかもしれませんが、予想以上に時間がかかりました!直ぐに補正したい場合には向かないですね。また、解析中に「 iMovie 」を終了しようとすると、処理をキャンセルするかどうか、警告が表示されます。処理が終わるまで「 iMovie 」を終了出来ないので、時間に余裕を持って、夜間や作業の合間などに、放置しておくぐらいがちょうどいいかもしれません。

補正の強さはデフォルトでは33%に設定されていますが、補正しすぎると、不自然なゆらゆらした感じで気持ち悪くなってしまうため、デフォルトより低いパーセンテージの方がよさそうです。

応援よろしくお願いします。
いいね ! してもらえると嬉しいです。

Twitter で

自己紹介

松田 大 と申しますm(_ _)m
インディーズでミュージシャンをやっていたのですがいつのまにか...

とある企業でショップのアルバイトスタッフから正社員、支店長を経てシステム部門に異動するという、開発担当としては変わった経緯を持っている方だと思います。

現在勤めているJTクラウドシステムでは、「 WordPress 」を活用したWEBサイト、業務用WEBアプリケーション開発「 Excel VBA 」を活用した効率化ツールの開発を中心に「 ネットワーク・サーバー構築 」や「 Office365製品の導入支援 」、最近は、ホームページ制作に加え、記事の執筆代行や掲載に必要な情報のリサーチ、映像のテロップ入れや切りはりなどの簡単な動画編集なども、まとめて行なっています。

今年7月、代表取締役に選任され、8月に第一子が誕生、公私ともに慌ただしくしています(笑)

お問い合わせはJTクラウドシステムホームページからお願いします。
スポンサーリンク