SPFレコード を設定して迷惑メール判定を回避する方法

参考にさせて頂きましたm(_ _)m。

SPF (Sender Policy Framework)とは、 電子メールの送信元ドメインが詐称されていないかを検査するための仕組みです。 SPFの仕様は、RFC 4408で定められています。
SPFは、メールアドレスにおけるなりすましを防ぐための技術の一つで、 DNSを利用するのが特徴です。 ドメインをSPFに対応させるには、 そのドメインのゾーンデータにSPFレコードという情報を追加します。 SPFレコードには、 その ドメイン名を送信元としてメールを送ってもよい サーバのIPアドレス等を記述します。
引用元:一般社団法人 日本ネットワークインフォメーションセンター

スポンサーリンク