Office365 チームサイトのドキュメントを過去バージョンに復元する方法

先日、社内で利用している Office365 のチームサイトのドキュメントに保存していたエクセルファイルが開けなくなったので以前のバージョンに復元しました。今回は設定しておくと便利なバージョン管理機能について簡単に記載します。

バージョン管理を有効にする

「チームサイト」に移動して、「ドキュメント」をクリックします。「ライブラリ」タブの 「ライブラリの設定」をクリックします。

バージョン管理を有効にする

「バージョン設定」をクリックします。

バージョン管理を有効にする

「このドキュメント ライブラリのファイルを編集するたびにバージョンを作成する」の項目で、「メジャー バージョンを作成する」または 「メジャーとマイナー (下書き) バージョンを作成する」のラジオボタンを選択し、「OK」 をクリックします。

バージョン管理を有効にする

以上の手順でバージョン管理の設定が完了です。初期設定は「メジャー バージョンを作成する」に設定されています。

過去のバージョンを確認する

該当のファイルが保存されているフォルダを表示し、過去のバージョンを確認したいアイテムの […] をクリックします。表示された枠内の […] をクリックし、「バージョン履歴」をクリックします。

過去のバージョンを確認する

「バージョン履歴」画面が表示されたら、内容を確認したいバージョンにマウスカーソルを合わせ、[▼] をクリックし、「表示」をクリックします。

過去のバージョンを確認する

過去のバージョンへ復元する

先ほどの「バージョン履歴」画面で「復元」をクリックします。

過去のバージョンへ復元する

ダイアログが表示されたら、「OK」をクリックします。

過去のバージョンへ復元する

以上の手順で、復元完了です。今回は開けなくなったエクセルファイルは、一つ前のバージョンに復元しても開けなかったため、二つ前のバージョンに復元しました。ファイルが開けない場合などは、一つずつバージョンを戻して試してみて下さい。

余談ですが、管理画面が大幅に変わるようです。

管理画面

見た目が、WordPressの管理画面に少し似ている印象です。

管理画面

応援よろしくお願いします。
いいね ! してもらえると嬉しいです。

Twitter で

自己紹介

松田 大 と申しますm(_ _)m

インディーズでミュージシャンをやっていたのですがいつのまにか...

とある企業でショップのアルバイトスタッフから正社員、支店長を経てシステム部門に異動するという、開発担当としては変わった経緯を持っている方だと思います。

一昨年の3月に結婚し、尻敷かれ男子の仲間入りを果たしました(笑)

現在勤めているJTクラウドシステムでは、「 Excel VBA 」を活用した効率化ツールの開発、「 WordPress 」を活用したWEBサイト、業務用WEBアプリケーション開発を中心に「 ネットワーク・サーバー構築 」や「 Office365製品の導入支援 」、最近は、ホームページ制作に加え、記事の執筆代行や掲載に必要な情報のリサーチ、テロップ入れや映像の切りはりなどの簡単な動画編集なども、まとめて行なっています。

お問い合わせはJTクラウドシステムホームページからお願いします。
スポンサーリンク