「〜 がありません」と「Search Console」で出た時の対応方法

いつからか、WordPressでGoogle の「Search Console」に
「author がありません」、「entry-title がありません」、「updated がありません」
と表示がされるようになりました。
動作に影響がなさそうだったので気にしていなかったのですが、
件数が多くて気になってきたので調べました。

「author がありません」への修正

「footer.php」の著作権表示部分に以下のコードを追記します。

<span class="vcard author"><span class="fn">…</span></span>

「entry-title がありません」への修正

「single.php」から記事のタイトルタグ(のような記述)を探してください。
該当箇所のClass部分に「entry-title」を追加します。
例)修正前

<h1 class="entryPostTitle"><?php the_title(); ?></h1>

例)修正後

<h1 class="entryPostTitle entry-title"><?php the_title(); ?></h1>

「updated がありません」への修正

「single.php」から公開日の部分(のような記述)を探してください。
該当箇所のClass部分に「entry-title」を追加します。
例)修正前

<div class="entry-meta">…</div>

例)修正後

<div class="entry-meta updated">…</div>

修正後のテスト

Structured Data Testing Tool
https://developers.google.com/structured-data/testing-tool/
エラー表示が消えるまで時間がかかるため、
こちらのサイトでURLを入力するとテスト出来ます。

WordPressのテーマによって記述されている箇所が異なるようです。
テストしながら試してみてください。

応援よろしくお願いします。
いいね ! してもらえると嬉しいです。

Twitter で

自己紹介

松田 大 と申しますm(_ _)m
インディーズでミュージシャンをやっていたのですがいつのまにか...

とある企業でショップのアルバイトスタッフから正社員、支店長を経てシステム部門に異動するという、開発担当としては変わった経緯を持っている方だと思います。

一昨年の3月に結婚し、尻敷かれ男子の仲間入りを果たしました(笑)

現在勤めているJTクラウドシステムでは、「 WordPress 」を活用したWEBサイト、業務用WEBアプリケーション開発「 Excel VBA 」を活用した効率化ツールの開発を中心に「 ネットワーク・サーバー構築 」や「 Office365製品の導入支援 」、最近は、ホームページ制作に加え、記事の執筆代行や掲載に必要な情報のリサーチ、映像のテロップ入れや切りはりなどの簡単な動画編集なども、まとめて行なっています。

お問い合わせはJTクラウドシステムホームページからお願いします。
スポンサーリンク