VBScript でタスクバーを除いた ディスプレイサイズ を測定する方法

「Internet Explorer」は「VBScript」から便利に操作することが出来ます。色々なサイトで紹介されていますが、今回は、「Internet Explorer」を使って、タスクバーを除いた ディスプレイサイズ を取得する方法をご紹介します。

オブジェクトの作成

まずは、「CreateObject」で「Internet Explorer」を操作出来るようにします。

Dim objIE
Set objIE = CreateObject("InternetExplorer.Application")
「Internet Explorer」を非表示にしてサイズを取得する

サイズの取得はScreenオブジェクトとそのプロパティを使用します。

プロパティ 説明
width スクリーン全体の幅
height スクリーン全体の高さ
availWidth タスクバーを除いたスクリーン全体の幅
availHeight タスクバーを除いたスクリーン全体の高さ

とりあえず、「Internet Explorer」は非表示で空のページを開きます。

objIE.Visible = false
objIE.Navigate("about:blank")

タスクバーを除いたディスプレイの高さと幅を調べます。

Dim W1,H1
W1 = objIE.document.parentWindow.screen.availwidth
H1 = objIE.document.parentWindow.screen.availheight

結果を画面に表示します。

Msgbox "幅は" & W1 & "です。" & vbCrLf & "高さは" & H1 & "です。",64,"タスクバーを除いた ディスプレイサイズ "

まとめるとこんな感じです。

Dim objIE
Set objIE = CreateObject("InternetExplorer.Application")

objIE.Visible = False
objIE.Navigate("about:blank")

Dim W1,H1
W1 = objIE.document.parentWindow.screen.availwidth
H1 = objIE.document.parentWindow.screen.availheight

Msgbox "幅は" & W1 & "です。" & vbCrLf & "高さは" & H1 & "です。",64,"タスクバーを除いた ディスプレイサイズ "

Set objIE = Nothing

実行するとメッセージが表示されます。

msgbox

おまけ(1)取得したサイズで新しく「Internet Explorer」を開く

取得したサイズを使って画面ピッタリサイズの「Internet Explorer」を開いてみます。
「Msgbox」の行を下記のコードに書き換えます。

Dim URL1
URL1 = "任意のURL"
objIE.Visible = True
objIE.Width = W1
objIE.Height = H1
objIE.Left = 0
objIE.Top = 0
objIE.Navigate("" & URL1 & "")
おまけ(2)ログインID、パスワードなどをわたしてみる。

例えば、ログインIDやパスワードをわたして自動ログインさせることも可能です。

'ページが開くのを待つ
Do Until objIE.Busy = False
   WScript.sleep(250)
Loop
'一例なのでそのまま使えないですがこんな感じ...。
objIE.document.forms(0).elements(1).value ="ユーザーIDとか"
WScript.sleep(250)
objIE.document.forms(0).elements(2).value ="パスワードとか"
WScript.sleep(250)
objIE.document.forms(0).elements(3).click

ツールバー、ステータスバーを非表示にしたり、フルスクリーンで表示することも出来ます。

objIE.FullScreen = True
objIE.Statusbar = True
objIE.ToolBar = True

以前ご紹介した「VBScriptをEXE形式にする方法」と併用すると、ツールバー、ステータスバーを非表示、画面ピッタリサイズで自動ログインして、WEBページをパッと見、アプリケーションのように表示することが出来ます。何らかの理由でエンドユーザーにパスワードを教えられないときに便利です。


サイズも小さく辞書代わりに手軽に使えます。
VBScriptを使い始めて割と最初の頃に購入しました。
直ぐに使えるサンプルも充実していて、初心者の方にもオススメです。
[改訂版] VBScriptポケットリファレンス (POCKET REFERENCE)

応援よろしくお願いします。
いいね ! してもらえると嬉しいです。

Twitter で

自己紹介

松田 大 と申しますm(_ _)m
インディーズでミュージシャンをやっていたのですがいつのまにか...

とある企業でショップのアルバイトスタッフから正社員、支店長を経てシステム部門に異動するという、開発担当としては変わった経緯を持っている方だと思います。

現在勤めているJTクラウドシステムでは、「 WordPress 」を活用したWEBサイト、業務用WEBアプリケーション開発「 Excel VBA 」を活用した効率化ツールの開発を中心に「 ネットワーク・サーバー構築 」や「 Office365製品の導入支援 」、最近は、ホームページ制作に加え、記事の執筆代行や掲載に必要な情報のリサーチ、映像のテロップ入れや切りはりなどの簡単な動画編集なども、まとめて行なっています。

今年7月、代表取締役に選任され、8月に第一子が誕生、公私ともに慌ただしくしています(笑)

お問い合わせはJTクラウドシステムホームページからお願いします。
スポンサーリンク