「 WinArchiver 」でMac・Win間のZIPファイル文字化け回避方法

ご存知の方も多いと思いますが、「Mac」で圧縮したZIPファイルを「Windows」で開くと日本語のファイルが文字化けします。気をつけてはいたのですが、先日、普通に圧縮せずいくつかのファイルを添付してメール送信したのですが、Webブラウザから「Outlook」の「すべてダウンロードする」で添付ファイルをまとめてダウンロードすると、ZIPファイルでダウンロードされファイルを展開すると文字化けしてしまいます。

すべてダウンロードする

一つずつダウンロードすれば問題ないのですが、送信先の方にお願いするのは難しいですし、いちいちWindowsPCから送信するのも手間なので、最初から「Windows」で展開できるように、アプリでZIPファイルにしてしまおうと探していたところ、「 WinArchiver 」というアプリを発見したのでご紹介します。

インストールとシンプルな操作手順

「App Store」を起動して、「 WinArchiver 」と検索すると、有償版と無償版が表示されます。

「 WinArchiver 」と検索すると、有償版と無償版が表示されます

大きな違いは、
有償版

  • 広告が表示されない。
  • 暗号化パスワードに好きな文字を好きなだけ使える

無償版

  • 広告が表示される。
  • 暗号化パスワードは4文字の数字のみ

詳細はこちらをご確認ください。
http://www.tida.bz/macwinzipper#hikaku
今回は無償版を試してみました。
「入手」をクリックし、インストールが完了したらアプリを起動します。

WinArchiver起動画面

起動したら、広告の下のエリアに圧縮したいファイルやフォルダをドラッグ&ドロップします。ドロップすると画面が切り替わります。

Zipファイルを作成

パスワードを設定しない場合は、空白にしたまま「Zipファイルを作成」をクリックします。

Zipファイルを作成

完了すると、元のファイル、フォルダと同じ階層にZIPファイルが生成されます。

Zipファイルを作成

右クリックメニューに追加する方法

いちいちドラッグ&ドロップするのは手間なので、右クリックメニューに追加します。設定には「Automator」を利用します。以下、「OS X El Capitan」での手順です。

Automator

流れとしては、

  1. 「サービス」→「選択」とクリック。
  2. 「選択項目を受け取る」は「ファイルまたはフォルダ」、「検索対象」は「Finder」を選択。
  3. 左サイドバーにある「Finder項目を開く」を右側エリアにドラッグ&ドロップ。
  4. ツールバーの「ファイル」から「保存」をクリックし、適当な名前をつけて保存。

です。
右クリックすると追加した「WinArchiver」が表示されます。

WinArchiver

クリックすると「Zipファイルを作成」する画面が表示されます。

Zipファイルを作成

パスワードが4桁の数字という制限はありますが、無償版でも機能としては十分。非常に便利なアプリです。「Mac」を使っている方でも相手が「Windows」という方は多いと思います。よろしければ試してみて下さい。

応援よろしくお願いします。
いいね ! してもらえると嬉しいです。

Twitter で

自己紹介

松田 大 と申しますm(_ _)m

インディーズでミュージシャンをやっていたのですがいつのまにか...

とある企業でショップのアルバイトスタッフから正社員、支店長を経てシステム部門に異動するという、開発担当としては変わった経緯を持っている方だと思います。

一昨年の3月に結婚し、尻敷かれ男子の仲間入りを果たしました(笑)

現在勤めているJTクラウドシステムでは、「 Excel VBA 」を活用した効率化ツールの開発、「 WordPress 」を活用したWEBサイト、業務用WEBアプリケーション開発を中心に「 ネットワーク・サーバー構築 」や「 Office365製品の導入支援 」、最近は、ホームページ制作に加え、記事の執筆代行や掲載に必要な情報のリサーチ、テロップ入れや映像の切りはりなどの簡単な動画編集なども、まとめて行なっています。

お問い合わせはJTクラウドシステムホームページからお願いします。
スポンサーリンク