Jetpack連携中のWordPressの 管理者アカウント を変更する手順

「WordPress」 管理者アカウント (adminなどの初期アカウント)の変更について。難しい操作ではありませんが、順番を間違えると結構な手間なので手順をまとめます。今回はプラグイン「Jetpack」と連携中の場合の手順です。

新しい管理者の作成

wpuser1
まずは新しく管理者アカウントを作成します。

「Jetpack」の連携を解除

wpuser2
サイドメニューの「Jetpack」→「ダッシュボード」を開き、一番下の「Jetpack 連携を解除」をクリックします。
wpuser3
クリックすると解除中の表示に変わります。
wpuser4
「連携解除を確認」をクリックすると解除出来たことが確認できます。

作成した 管理者アカウント でログインし、「Jetpack」と連携

wpuser5
最初に作成した 管理者アカウント でログインします。
wpuser6
ダッシュボードに連携を促す表示が出るので「Jetpackと連携」をクリックします。
wpuser7
「wordpress.com」にログインしている状態であれば、そのまま連携承認画面に移行します。

不要になった 管理者アカウント の削除

wpuser8
サイドメニューの「ユーザー」→「ユーザー一覧」から削除したい 管理者アカウント の削除リンクをクリックします。
wpuser9
コンテンツが削除されると困るので、「すべてのコンテンツを以下のユーザーのものにする」をチェックし、作成したアカウントを選択します。

誤まってコンテンツを消去してしまったり、順序を誤るとコンテンツにアクセスできなくなったりする可能性があるため、事前にバックアップ、復元出来る状態で開始した方が良いかもしれません。
WordPressのバックアップは「BackWPup」がオススメです。
https://ja.wordpress.org/plugins/backwpup/

昔、バックアップについて試行錯誤した時の記事です。


WordPressを勉強するにあたって一番最初に購入した参考書です。掲載されている無料テーマ「Bizvektor」は非常に扱いやすいテーマです。

いちばんやさしいWordPressの教本 人気講師が教える本格Webサイトの作り方 第2版 WordPress 4.x対応 (「いちばんやさしい教本」シリーズ)


応援よろしくお願いします。
いいね ! してもらえると嬉しいです。

Twitter で

自己紹介

松田 大 と申しますm(_ _)m

インディーズでミュージシャンをやっていたのですがいつのまにか...

とある企業でショップのアルバイトスタッフから正社員、支店長を経てシステム部門に異動するという、開発担当としては変わった経緯を持っている方だと思います。

一昨年の3月に結婚し、尻敷かれ男子の仲間入りを果たしました(笑)

現在勤めているJTクラウドシステムでは、「 Excel VBA 」を活用した効率化ツールの開発、「 WordPress 」を活用したWEBサイト、業務用WEBアプリケーション開発を中心に「 ネットワーク・サーバー構築 」や「 Office365製品の導入支援 」、最近は、ホームページ制作に加え、記事の執筆代行や掲載に必要な情報のリサーチ、テロップ入れや映像の切りはりなどの簡単な動画編集なども、まとめて行なっています。

お問い合わせはJTクラウドシステムホームページからお願いします。
スポンサーリンク